ラミシールで厄介な水虫を改善

ラミシールにはカビの一種である白癬菌を消滅するチカラがあり、繁殖を抑える効果が期待できるので、水虫の治療にはとても心強いです。このラミシールを使う上で必要な事などをお教えしていきます。

ラミシールはこんな使い方もできます

水虫になるとかゆくて我慢できないので、仕事や日常生活にも悪い影響がでてしまいます。水虫を治療する方法として、水虫の治療薬を塗る方法があります。ドラッグストアで売っている市販の薬でも治療できますが、自分の水虫の状態にあった薬を選択する必要があります。皮膚科では医師が水虫の状態を判断して、適切な薬を処方してくれますが、市販薬だと自分で判断しなくてはいけないので、間違った判断をしてしまうと、余計症状が悪化してしまいます。ドラッグストアで水虫の治療薬を買う場合は、薬剤師に自分の症状を話して薬を選んでもらうといいでしょう。水虫に対して殺菌効果のある有効成分はいくつかありますが、人気が高い成分はテルビナフイン塩酸塩です。この成分は、水虫の本体である真菌の細胞膜を破壊する作用があります。テルビナフイン塩酸塩を主成分とする水虫薬がラミシールです。ラミシールは皮膚科でも処方してくれますが、市販薬としてドラッグストアで購入することができます。塗り薬と飲み薬があり、さらに塗り薬にはクリームと液材の2種類があるので、水虫の症状にあわせて選ぶといいでしょう。ラミシールは水虫だけにしか効果がないと思う人もいますが、水虫の他に陰部のカンジタ症やタムシ、シラクモなどの感染症の治療薬として使うことができます。正しく使用するために、自分で判断せず医師や薬剤師の指導を受けることが大切です。水虫が悪化してしまい皮膚が破けたりふやけた場合は、軟膏やクリーム薬を処方されます。これは液剤よりも皮膚への刺激が弱いためです。ラミシールの液剤は、皮膚にしみこみやすいので、厚い角質にできた水虫の治療に適しています。皮膚がかさかさの乾いている時などは、液状の水虫薬を使うと効果がでやすいです。