ラミシールで厄介な水虫を改善

ラミシールにはカビの一種である白癬菌を消滅するチカラがあり、繁殖を抑える効果が期待できるので、水虫の治療にはとても心強いです。このラミシールを使う上で必要な事などをお教えしていきます。

水虫が原因の痒みや水疱に効く治療薬のラミシール

ラミシールは、水虫による様々な症状の治療に使用される薬です。水虫の原因となるのがカビの一種である白癬菌で、この菌が足の裏などの皮膚の角質層に寄生し、大量に増殖することで発症します。ラミシールは、白癬菌が増殖するために必要な酵素を遮断する作用があり、これにより増殖を抑えて殺菌することができます。水虫の症状は、足の裏や足裏のふち、足の指の間などに見られます。最も多いのが足の指の間に発症するもので、趾間型と呼ばれています。皮がむけてただれたようになるほか強い痒みを伴います。足裏や足裏のふちに細かい水疱ができ、皮がむけて赤みが広がり痒みを伴うのが小水疱型です。この二つは同時に発症する場合も多く見られます。足の裏の皮膚が硬く乾燥してひび割れた状態となるのが角化型で、痒みはほとんどありませんが、爪が白濁し脆くなる爪水虫を併発します。ラミシールには塗り薬や飲み薬などがあり、水虫のタイプに合わせて使い分けることができます。皮膚の表面に感染している趾間型や小水疱型には塗り薬を直接塗り込むことで効果的に治療することができます。白癬菌は根をはるように広く寄生している場合が多いため、塗り薬は患部の周囲にも広めに塗ることが大切です。一方で角化型や爪水虫の場合には、白癬菌が角質層の奥まで侵入してしまっているので塗り薬の効果が届きにくい状態です。そのため飲み薬によって体の内側から殺菌します。角質層の奥に潜伏している可能性もあるため、痒みや水疱といった症状が治まった後でも、用法と用量を守って一か月は治療を続けることが必要です。白癬菌は、剥がれ落ちた皮膚の中でも数週間にわたって生きるともいわれているので、再感染の防止のためにも床の掃除はこまめに行うことが重要です。